サポートタイムズ

サポートタイムズはカスタマーサポートの“今”を届けるメディアです。(Powered by CallConnect)

カスタマーサポートの未来を考えよう!

Powerd by CallConnect
Twitter Facebook

NPS®️計測におすすめのツール3選

f:id:sennba3:20180711120817g:plain

顧客ロイヤルティを数値化するために、NPS®️ (ネット・プロモーター・スコア)という指標を用いる企業も多いでしょう。本記事では、NPS®️ を計測する際に活用できる3つのツールをご紹介します。

NPSとは?

NPS®️とは、Net Promoter Score の略で、顧客の企業や製品に対する推奨度、愛着度を測る指標です。
NPS®️を計測することで、「自社製品が継続利用されやすい状態かどうか」「口コミが生まれやすい状態かどうか」ということが理解できます。

NPSを計測する方法は様々です。メールで送付したアンケートに回答してもらう場合もあれば、ウェブサイト上から回答してもらう場合もあります。企業や提供するサービスごとに適切な計測方法は異なるため、自社の顧客が回答しやすい方法、チャネルで計測していく必要があるでしょう。

NPS®️ に関しては下記の記事もご参照ください。 www.supporttimes.com

では、NPSの計測ツールにはどのようなものがあるのでしょうか?実際に見ていきましょう。

Mopinion

f:id:h-omata:20180710112249p:plain https://mopinion.com/


フィードバックフォームの作成画面も直感的なデザイン。

f:id:h-omata:20180710111607p:plain


例えば、NPSを 1 と回答した顧客がいた場合に、メール通知を受け取るような設定も可能です。

f:id:h-omata:20180710112140p:plain


その他、集計レポート機能などがあります。

【無料トライアル】

有 (14日間無料トライアル)

【価格】
  • Starterプラン $89/月

  • Growthプラン $229/月

  • Turbo Growthプラン $579/月

フィードバックを収集するためのフォーム数やAPIの利用可否に応じて、料金が変動します。

Wootric

f:id:h-omata:20180709152014p:plain https://www.wootric.com/


メールや Intercom,SMSなど様々な方法でフィードバックを収集できます。

f:id:h-omata:20180710113151p:plain


Web を選び、言語を日本語に設定。手軽にフォームを作ることができます。

f:id:h-omata:20180710113201p:plain


その他、集計レポート機能、Slack ,Zendeskとの連携機能などもあります。

【無料トライアル】

有 (30日間PROプランの機能を利用可能。その後FREEプランに。)

【価格】
  • FREEプラン $0

  • ESSENTIALプラン $89/月

  • PROプラン $224/月

フィードバック結果のエクスポート機能やAPIの利用可否に応じて、料金が変動します。

Delighted

f:id:h-omata:20180709152111p:plain https://delighted.com/


まず、どの指標を計測するかを選びます。

f:id:h-omata:20180710115050p:plain


その後、Web を選択。

f:id:h-omata:20180710115134p:plain


フォームを作成します。

f:id:h-omata:20180710115207p:plain


その他、集計レポート機能、SlaesforceやHubspot連携機能($249/月のプランのみ) などがあります。

【無料トライアル】

有 (フィードバックを250まで収集可能)

【価格】
  • $25/月 のプラン

  • $49/月 のプラン

  • $99/月 のプラン

  • $149/月 のプラン

  • $249/月 のプラン

収集可能なフィードバック数やAPIの利用可否に応じて、料金が変動します。

まとめ

いかがでしたか?
今回は、海外発のNPS計測ツール(Mopinion,Wootric,Delighted)をご紹介しました。
NPS®️というワードは聞いたことがあっても、まだ計測できていない企業も多いのではないでしょうか。NPS®️は今後の事業成長の可能性や顧客ロイヤルティの現状を捉える上で有益な指標といえます。本記事をきっかけに、計測ツールの導入を検討し、調査に乗り出してみるのもいいでしょう。

また、今回ご紹介したツールは、いずれもWeb上で回答を収集できる機能が搭載されています。メールでNPSアンケートを送付する方法やそれに適したツールも数多くありますので、また別の機会に取り上げられればと考えています。

顧客の企業や製品に対する愛着度、信頼度を計測してみましょう。