読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

サポートタイムズ

サポートタイムズはカスタマーサポートの“今”を届けるメディアです。(Powered by CallConnect)

カスタマーサポートの未来を考えよう!

Powerd by CallConnect
Twitter Facebook

Skypeを活用した電話サポートのメリットとデメリット

f:id:sennba3:20160831120647g:plain

チャットやビデオ電話ツールとして認知度の高い「Skype」。本記事では、そんなSkypeの“Skype番号(050から始まる番号)”を活用して、電話サポートを行う際のメリット・デメリットについての考察を書きました。

“Skype番号”とは?

Skypeは、無料で利用できるコミュニケーションソフトです。 Skypeアカウントを持つユーザー同士なら、無料で通話チャットやビデオ通話が可能です。スマートフォンアプリもリリースされています。

そんなSkypeには、“Skype番号”というものがあります。 Skype番号(050から始まる番号)を使うと、一般電話や携帯電話から発信された通話にSkypeで着信応答できるようになります。

Skype番号を活用するメリット・デメリット

創業してからまだ間もないタイミングでは、とりあえず電話番号が欲しいということで“Skype番号”の取得を検討し、Skypeを活用して電話対応業務を行うケースもあるかもしれません。以下に、“Skype番号”を活用して電話対応を行うメリット・デメリットについてまとめましたので、参考にしてみてください。

【メリット】
1. 利用開始までに余計な時間がとられない

Skype番号利用料の支払いが完了後、自動的に有効になります。電話番号取得に煩雑な書類のやりとりなどがなく、候補として表示される電話番号から好きな番号を選択して、Web上で申し込みを行うだけです。

2. PC、スマホ、タブレットで通話可能

Skypeを起動することができれば、通話することが可能です。そのため、外出先でも電話を受けることができます。

3. オフィス移転しても電話番号変更の必要がない

Skype番号は、050から始まるIP電話番号です。住所に紐づく03番号といった固定番号とは違う性質のため、オフィスをどこに移転したとしても、変更することなく使い続けることができます。

【デメリット】
1. 発信者番号通知ができない

Skype番号には、発信者番号通知という設定があるのですが、国内では利用ができません。そのため、Skype番号から携帯電話宛に発信した際、相手方の携帯電話にはこちらの電話番号が表示されません。

2. 音質が不安定になるケースがある

これはSkype番号自体のデメリットというより、Skype自体のデメリットと言ったほうがいいでしょうか。ネットワーク環境によって通話音質が低下する恐れがあります。安定したネットワーク環境がある場所で利用する必要があるでしょう。

3. フリーダイヤル宛には発信できない

Skype番号は、050から始まるIP電話番号のため、フリーダイヤル宛に電話を発信することができません。フリーダイヤル宛に発信するケースはそこまで多くはないと思いますが、あらかじめ知っておく必要があるでしょう。

おわりに

今回は、Skype番号について触れました。とりあえず電話番号を取得したい場合などに利用することもあるでしょう。

しかし、基本的な通話は出来たとしても、本格的な電話サポートを実践するためには機能や安定性ともに不安が残るように感じます。 同じ050番号を利用する電話サービスでも、ビジネスフォンやCTIと呼ばれる電話システムと同等の機能を持ったサービスもあります。 素晴らしい電話サポートを実現するためには、手軽さだけでなく、電話対応をより効率化できる機能を持った電話システムが必要です。

電話対応さえできれば良いのか、より良い電話対応によって顧客満足度を高めたいのかによって、必然的に利用する電話サービス、システムも変わってくるでしょう。

今回の記事では、Skype番号の存在とそれを活用する際のメリット・デメリットについて知ってもらえればと思います。